美容クリニックの内装デザインで重視するポイントを現役デザイナーが伝授しましょう

ゴージャス感と清潔感の調和を叶えたデザイン

私が5年前に携わった東京・有楽町の美容クリニックの場合、院長からの希望で清潔でゴージャス感も出して欲しいと依頼されました。
この2つは実は表裏一体であり、あまりにもゴージャスさを前面に出すとかえって不潔になりがちです。
そこで私が取った手段は、あえて不潔な印象を受ける黒色をベースにしたデザインカラーを院内全体に設けて、ゴージャスさと融合させるに至りました。
壁紙から床の絨毯・カウンターに至るまですべて黒色に統一して、照明インテリアはゴールドを基調としたものをチョイスしています。
これにより有楽町の一等地にある高級なクリニックという印象を室内全体で作り出すことができ、依頼主である院長が大変喜んでくださいました。
このデザインは他の美容クリニックも注目することとなり、同じようなゴージャスさを求めるところに使用するデザインとなっています。
2つ目の重視するポイントは居心地の良さであり、これは設置する調度品と視覚効果から訪れる患者が受け取ることでしょう。

美容クリニックの内装が綺麗すぎてやばみ

— トマト子 (@minaabe0604) November 29, 2018

内装デザインで重視するポイントはふたつ | ゴージャス感と清潔感の調和を叶えたデザイン | 居心地の良さを追求したデザイン